テインアイシティ(韓国)と業務協約を締結

平成30年 4月
韓国国内で主にPOSシステムなど幅広く展開している
テインアイシティ(韓国)と業務協約を締結


韓国国内で主に「POSシステム」を開発・販売しているTAEIN ICT(テインアイシティ・キムヨンテ社長)と株式会社ツバメ・イータイムは平成30年4月16日にテインアイシティ本社にて「業務協約」を締結しました。
お互いに事業展開している「E-Mobility事業」の推進のため技術的、営業的なインフラを相互に協力し合う事で合意しました。

テイン社がPOSシステム等で培ってきた「デジタル技術」「IOT技術」また「バッテリー開発技術」と、ツバメ・イータイムの「高品質な電動バイク開発技術」「日本国内での販売メンテナンス網」「ベトナムを中心とした新興市場戦略」が融合することにより、新商材の開発や新興市場への相互間協力体制など『シナジー効果』を生み出すきっかけになると考えています。また、今後はさらなるグローバル展開も検討されており、両社協力のもと「アメリカ」「ヨーロッパ」を始め「新興国市場」への戦略的参入も検討しており、この異業種間の交流が新しいかたちのビジネスモデルの成功事例をつくるきっかけになる事を確信しています。