スタッフ紹介「故郷を遠く離れて」

スタッフ紹介
故郷を遠く離れて
チョウ シンウェイ(1983年生まれ・34歳)

社長との出会い

彼女の名前はチョウシンウェイ。社内では「シンウェイさん」と呼ばれている。中国の浙江省の出身。34歳。

山本社長との初めて出会いは、社長が中国でサプライヤー(部品供給会社)を探し回っていた時に知り合った。その時彼女は、電動バイク先進国と言われる中国の中でも1、2位を争うトップメーカーの日本・東南アジア担当エリアマネージャーであり、才色兼備すべてを取り込むスーパーキャリアウーマンであった。

日本の会社で働きたいという想い

「いつか日本企業で働きたい。そして、その企業を世界一の企業にしたい」そんな夢を持っていた彼女は、ツバメ・イータイムの将来に自らの夢をいつしかかぶせるようになっていった。そして晴れてツバメ・イータイムへ入社。最初は現地法人のツバメ・イータイムベトナムでの勤務。その後、経験を積み本社のあるあこがれの日本で勤務することとなった。

その仕事ぶりは目を見張るものであり、様々な難問も難なくクリアしていく。若手営業の末廣くんも、何かと仕事を手伝ってもらっており、頼りになるお姉さんでもある。

私の目標は・・・・・・・

今は早く自分の抱えている仕事を安定させ、会社に利益を上げ、晴れて中国に残してきている愛娘を日本に迎え、一緒に暮らすのを目標に頑張っているそうだ。

 

スタッフ紹介/一覧へ戻る